Uncategorized

【セミプロが教える!】子供用におすすめなゲーミングPCの選び方!

子供から「ゲーミングPC買って!!」とお願いされて選び方に困っていませんか?

  • パソコンなんて全く分からないし・・・
  • 家電量販店で買える大手メーカーのパソコンじゃダメなの?
  • 予算はどれぐらい用意したらいいのかな?
  • ノートパソコンか箱型のデスクトップPCどっちがいいの?
  • 子供が言ってるパソコンでいいの?
  • 少しでも安く長く使えるゲーミングPCが良いんだけど・・・

普段からパソコンを触ってる人でもゲームをするとなると、必要なスペックやパーツのことまでは分からないことが多いです。

もし、あなたがパソコンに関する知識がほぼ無いに等しいぐらいだったなら、尚のことゲーミングPCに関して意味不明なのではないでしょうか?

kmaa
kmaa
申し遅れましたが、管理人の『kmaa』と申します。

PCでゲームを7年以上やっています!

ここで長々と書くのは邪魔になるので、管理人のPCゲーム遍歴を見て信頼できるか確認しておきたい方はこちらをご確認ください。

僕自身がそうだったのですが、パソコンを選ぶときに見るパーツの名称などがとにかくややこしくて、分からない人にとっては暗号のように見えるレベルだと思います。

そんな過去の僕のように悩ましいあなたに向けて、PCゲームに7年以上本気で取り組んだ管理人の知識を活かして

子供が喜ぶ・納得してくれる

ゲーミングPCの選び方と、おすすめのゲーミングPCを紹介します!

そもそもゲーミングPCと普通のPCの違いとは?

子供からゲーミングPCが欲しいと言われて最初に思いついたのは

エディオンやヨドバシカメラなど、家電量販店で買える大手メーカーのパソコンではないでしょうか?

  • NEC
  • 富士通
  • VAIO
  • 東芝

こういったメーカーのパソコンを思い浮かべたと思います。

 

ですが、家電量販店で一般的に販売しているようなPCとゲーミングPCとでは、性能が全然違う物になっているんです。

最近では家電量販店でもゲーミングPCを置いていることが増えてきていますが、はっきり言うと微妙です。

とにかく、値段が高いのに構成が微妙。

kmaa
kmaa
家電量販店で買う=大手メーカーで良いPC

この考えはゲーミングPCを選ぶに当たって無しだと思ってくださいね。

本題のゲーミングPCと普通のPCの違いについてですが

パソコンを構成する中身のパーツが全然違う物になっています。

  • 普通のPC=一般道を走る乗用車
  • ゲーミングPC=F1レースで走るスポーツカー

こんなイメージを持ってもらうとわかりやすいと思います。

 

kmaa
kmaa
パソコンでゲームをするには、プレイするゲームにもよりけりですが少なからずPC自体のパワーが必要になります。

車で言えば、F1レースに出るために速く走れるエンジンや車体が必要ということですね!

普通のPCの場合はゲームをする構成になっていないので、パワーが足りずゲームをまともに起動させることもできないことがあります。

乗用車でF1レースに行ったところで、走らせてもらえないことと一緒です。

普通のPCでもパーツ構成を組み替えることで、性能を上げることができます。

ですが、パソコンパーツは精密機械で取り付け後の設定なども必要なので

詳しく分からないなら素直に組みあがった物を選びましょう。

具体的にゲーミングPCに使われているパーツとして

  • グラフィックボード(GPU)
  • CPU
  • メモリ
  • SSD
  • 大容量電源
  • 廃熱性の高いケース

こういった物が挙げられます。

CPUやメモリはどんなパソコンにも使われるものですが、ゲーミングPCには良い物が使われています。

 

それぞれ詳しく説明すると、いろいろこんがらがってしまうかもしれないので

パーツのことも詳しく知っておきたいなら以下の記事を参考にしてください!

 

 

子供に買うゲーミングPCの選び方

 

ゲーミングPCが子供用・大人用と分かれているわけではないですが

子供がゲーミングPCを使う用途としては

  • Youtubeなどの動画視聴
  • インターネットサーフィン
  • 新旧ゲーム

だいたいの子がこの3つになると思います。

 

ゲーミングPC自体高性能なので、いろんなことをこなすことができますが

将来的にグラフィックデザインを行うとか、本格的な動画製作もやりたいという場合はワンランク上のPCを選ぶ必要が出てきます。

kmaa
kmaa

残念ながら、ゲーム以上のスペックを要求されるPCの選び方は僕じゃわからないので

動画・ネット・ゲーム。この3点に着目して選び方を解説します!

※基本的にゲームが問題なく遊べるレベルのPCなら動画もネットも困ることはありません

デスクトップ型のゲーミングPCを選ぶ

 

まず先に迷うのがノートパソコンにするか?箱型のデスクトップパソコンにするか?

といったところだと思います。

 

これに関して、いろいろな意見があると思いますがデスクトップパソコンを置けるスペースがあるなら間違いなくデスクトップパソコンがオススメです。

というのも、この後の話に繋がるんですが拡張性であったり熱対策など
様々な面でデスクトップ型のほうが有利だからです。

 

ノートPCの方が子供に人気ではあるのの、性能と実用性を見るとデスクトップの方が断然オススメです。

また、ノートPCの場合あちこちに置いてしまって踏みつけでもしてしまったらモニターがぶっ壊れて買い直しになるリスクもあります。

kmaa
kmaa
僕の友人の話ですが

ノートPCを買った翌日に母親に踏まれて画面が写らなくなり、補償もなかったのでそのままお釈迦になってしまったという惨事があります。

お子さんがどうしてもノートPCが良いと言うなら、ノートPCを買ってあげるのも良いでしょう。

でも、安い買い物じゃないのでしっかりと理解を得る方向に持っていくほうが良いと思っています。

単純に「こっちの方が○○(やりたいゲームタイトル)に向いてるんだよ!」と教えてあげるだけでも結構効果的です!

5年先まで使えるゲーミングPCを選ぶ

一般的にPCの買い替えを検討する期間として5年が目安にされています。

ゲームをやらず、普通の使い方だけする場合は実際のところ10年程度使うこともできます。

ですが、ゲーム業界は映像技術などが急速に発展していて要求されるPCのスペックが高まるスピードが非常に早くなっています。

kmaa
kmaa
仮に、今5年まえのパーツで構成したからと言って全くゲームができない!というわけではないですが

ゲームの設定を落とす(画質を下げたり、出力される画面を小さくする)必要があります。

古いパーツを使っていると、どうしてもゲームの品質を下げざるを得ない状況になってしまい、イマイチ楽しめないようになってしまいます。

また、新作ゲームをやろうとしてもスペック的にできないから、ゲーミングPCの買い替えや各種パーツの組み換えを検討しなければいけなくなります。

 

あくまで理想ではありますが、なるべく新しいモデルのパーツが組み込まれたゲーミングPCを選ぶのがおすすめです。

もちろん価格もその分上がってしまいますが、現行モデルなら5年は使い続けることができるうえ、3年後ぐらいに一部のパーツを上のランクの物に組み替えるだけで5年以上使い続けることも容易です。

古い物を買って2年や3年で買い換えることに比べたらトータルコストは下がります。

ハイエンドモデルPC=現行の最高クラスのパソコン(約20万円~100万円以上)

ミドルレンジモデルPC=一部に現行パーツを組み込んだりしている並クラスのパソコン(約10万円~20万円)

ローエンドモデルPC=型落ちの古めなパーツ等で組んだ下位クラスのパソコン(約10万円以下)

お子さんの年齢によっては「次は自分で買ってね」と言って、長く使える物を選んであげても良いと思います。

5年後には何かとPCパーツの知識も少しは備わっているでしょうし、自分でPCを組んでみたりパーツの交換をやっているかもしれません。

パソコンの構成を自分で考える楽しさに気付いてることだと思います。

kmaa
kmaa
僕は18歳の時に初めてパソコンのケースを開けて中身を見ました。

あの時の興奮と自分好みのパーツを組み込んでみたいと思ったワクワクは今でも忘れませんし、なにより今でもパソコンの中身を見るのが大好きです(笑)

繰り返しになりますが「あくまで理想」はハイエンドモデルのゲーミングPCです。

どうしても性能の高い物は値段が張りますが、予算に余裕があるならハイエンドモデルを検討した方が良いです。

 

ハイエンドモデルは厳しいにしても、最低限ミドルレンジモデルのゲーミングPCを買ってあげるべきです。

予算的には最低でも10万円以上と考えましょう。

通気性が良いゲーミングPCを選ぶ

 

先ほどの「5年先でも使える」部分と少し被りますが、今回はパーツではなくパソコンの本体そのものに関してのお話です。

 

パソコンに使われているパーツはそれぞれが独立していて、それら1つ1つが熱を発します。

特にグラフィックボードという映像の出力に関係する部品に至っては、夏場のゲーム中にフルパワーを出していると80℃ぐらいになることもあります。

 

グラフィックボード以外の部品に関してもだいたい40℃~60℃まで温度が上がってくるので、PCの内部自体がかなりの熱を持ちます。

当然機械は熱くなりすぎると、劣化が早まったり最悪の場合ショートを起こして発火する危険性があります。

 

どんなデスクトップPCでも1つは背面にファンが付いていて、最低限の空冷ルートが確保されていますが、ゲーミングPCは普通のPCとは比べ物にならないぐらい熱くなるので

通気性が良いケースが使われているゲーミングPCを選びましょう。

kmaa
kmaa
僕が一度経験したこととして

まだ高校生で古いパソコンだった頃の夏休みに朝からぶっ通しでゲームしていたら、お昼過ぎにパンッと音を立ててコンデンサーが破裂したことがありました。

不思議なことにパソコンの動作に問題が無かったので使い続けました(超危険w)

温度を見るソフトで確認すると、グラフィックボードが105℃になっていてさすがに電源を落としました。

通気性の良さを見極めるポイントとしては、本体の上の面にも通気口が付いているものがいいでしょう。

ホコリが被る心配があるので、PCを使わないときは布などを被せておく必要がありますが
背面のみの通気よりも圧倒的に廃熱性に優れています。

寿命を長持ちさせるためにも、外せないポイントですね。

拡張性が高いゲーミングPCを選ぶ

 

ゲーミングPCは買った後からでも自分でパーツを付け足したり交換したりすることが普通はできます。

ですが、ケースが小さいゲーミングPCを選んでしまうと物理的に交換できない問題が発生しがちです。

大きめなケースなら、十分なスペースが確保されるのでパーツ関係で困ることはそうそうありません。

 

何かと話しに出てくるグラフィックボードですが、グラフィックボードはPCでゲームをする上で最も大切なパーツです。

なんですが、先ほどの項目でもあったようにかなり熱を持つため壊れてしまうことも普通に起こり得ます。

そうなったとき、PC丸ごと買い換えるよりグラフィックボードのみを交換するほうが絶対に良いんです。

 

でも、PCのケースが小さいと設置できるグラフィックボードの種類がかなり限定されてしまいます。

元々付いていた物を付ければ良いという話ですが、グラフィックボードは商品自体の入れ替わりがかなり激しいうえ、モデルのマイナーチェンジなどが頻繁に行われます。

なので、元々付いていたグラフィックボードを手に入れられる可能性としては時間が経つごとに低くなっていきます。

別のグラフィックボードを選ぶとしても、以前と同等の性能を有するグラフィックボードを選べるかわかりませんし

電源の容量なども関係してくるほか、メモリ容量が足りるか?など、かなり問題山積みになってきます。

グラフィックボードの性能面に関してはいろいろと対策は打てるので、後からでも何とかすることはできますが

グラフィックボードのサイズそのものが厳しいとなると、どうにもならなくなってきます。

なので、なるべく大きいケースを選ぶようにしましょう。

大は小を兼ねます。(大きいほうがPCの熱対策もしやすい)

kmaa
kmaa
僕自身1度スリムタイプのPCを使っていたことがありました。

でも、スリムタイプに設置できるグラフィックボードはあまりにも性能が悪すぎるので、ケースをハンマーで無理矢理ねじ曲げて、大き目なグラフィックボードを取り付けていたことがあります。

もちろんケースの蓋は二度と閉まらないので、中身むき出しで使っていました(笑)

小さいホコリが機械部に溜まると、PCを起動したときに火花が散ることがあったので、絶対にオススメできません!!

選び方としては、フルタワーかミドルタワーと書かれているものがオススメです。

ミニタワーとスリムタイプはかなり小さいので避けたほうが無難です。

補償が付いているゲーミングPCを選ぶ

 

ここまでいろいろと壊れる系の話が続いていたので、もしかすると「ゲーミングPCって高いのに壊れやすいの・・・」と思っているのでは?

実際は案外耐久性があるので、そうそう簡単にぶっ壊れるようなことはありませんから、安心しても大丈夫です。

kmaa
kmaa
僕が今までにやらかした失敗経験を見てもわかるように

”普通”を越えた異常な使い方をしていると故障の確率がハネ上がります。

でも、正しい使い方をしていたとしても不慮の事故によって壊れてしまうこともあります。

 

ありがちなのが

  • ジュースをこぼしてしまった
  • 不安定なところにPC本体を置いて落としてしまった
  • 設定がわからず適当にやって戻らなくなった

こういったことは、何気なく無意識のうちに起こってしまうんですよね。

 

こんなときに役立つのが、販売店の補償サービスです。

購入時に補償の加入が選べるところがあるので、加入できるなら絶対に加入したほうが良いです。

 

特にお子さんが初めて自分のPCを持つのであれば、尚更加入するべきでしょう。

kmaa
kmaa
大人であっても無意識の行動で壊してしまうことがあるぐらいなので、子供にPCを持たせたときの壊れるリスクは簡単に想像できますよね。

僕みたいにパーツが入らないからって破壊するようなことも考えられます(補償対象外)

子供におすすめなゲーミングPC

 

まずはゲーミングPCの選び方をおさらいしておきましょう

ゲーミングPCの選び方まとめ

  1. デスクトップ型のPC
  2. ミドルレンジモデルかハイエンドモデルのPC
  3. 通気性の良いケース(天井に通気口有りならなお良し)
  4. フルタワーかミドルタワーのPC
  5. 補償が付いている販売店

この5点を軸に、ゲーミングPCを販売している有名な店舗からオススメのPCを選んだので参考にしてみてください。

1位 値段とスペックのバランスが良い『ガレリアXF』

CPUIntel Core i7-9700
GPUGeForce RTX2070
メモリ16GB
ストレージ
  • HDD 2TB
  • NVMe SSD 512GB

赤字は無料アップグレードされているパーツ

ドスパラのガレリアシリーズ『ガレリアXF

2019年9月現在では、かなりハイスペックなのでどんなゲームでも問題なくプレイすることが可能値段とスペックのバランスが良いので、下手に安いのを買ったり最高性能にいきなり手を出すよりも安定感が高い。

グラフィックボードが2位のガレリアZZより2ランク落ちますが、パワーは十分。コスパ◎

名称ガレリア XF
価格193,298円(税込み)
ワンポイントアドバイス
  • DVDドライブが付いていないため、必要なら見積もり画面で追加する
  • 補償関連は可能な限り付ける方が良い
  • マウスやキーボードは別途Amazonなどで好みの物を選ぶ方が良い
  • パーツは変更しなくても大丈夫

>>ドスパラで見る

2位 価格を抑えたいならコレ!『ガレリアXT』

CPUIntel Core i7-9700F
GPUGeForce GTX1660Ti
メモリ16GB
ストレージ
  • HDD 1TB
  • NVMe SSD 512GB

赤字は無料アップグレードされているパーツ

ドスパラのガレリアシリーズ『ガレリアXT
ミドルクラス最高峰のGPU GTX1660Tiと余分な機能を削ったCPU i7-9700Fを搭載。

どちらも高性能ですが機能を削っている分価格が抑えられています。15万円以下に収まっていながら、普通にゲームをプレイする分には申し分ないレベル。

ゲーミングモニターを使うことは可能ですが、ゲームによっては設定を下げなければいけないことも。とは言え、総じて性能が高いので十分満足できます。

名称ガレリア XT
価格140,378円(税込み)
ワンポイントアドバイス
  • DVDドライブが付いていないため、必要なら見積もり画面で追加する
  • 補償関連は可能な限り付ける方が良い
  • マウスやキーボードは別途Amazonなどで好みの物を選ぶ方が良い
  • パーツは変更しなくても大丈夫

>>ドスパラで見る

3位 予算豊富ならコレ!『ガレリアZZ』

CPUIntel Core i9-9900KF
GPUGeForce RTX2080Ti
メモリ16GB
ストレージ
  • HDD 3GB
  • NVMe SSD 512GB

ドスパラのガレリアシリーズ『ガレリアZZ

2019年9月現在最強のGPU RTX2080Tiを搭載。CPUもi9-9900KFが積まれているので、文句無しの最強性能。できないゲームはまずありません。

その分価格も30万弱と高級なので予算と要相談。予算が許すなら是非買いたい1台です。

名称ガレリア ZZ
価格291,578円(税込み)
ワンポイントアドバイス
  • DVDドライブが付いていないため、必要なら見積もり画面で追加する
  • 補償関連は可能な限り付ける方が良い
  • マウスやキーボードは別途Amazonなどで好みの物を選ぶ方が良い
  • パーツは変更しなくても大丈夫

>>ドスパラで見る


PCのパーツは新しい物ほど高額になりがち。

初めてのゲーミングPCにいきなり30万円弱も出すのが怖い場合は、ガレリアXFかXTを選ぶと良いでしょう。

  • ガレリアXF=約20万円
  • ガレリアXT=約15万円

ミドルレンジモデルのゲーミングPCなので、初心者から上級者まで比較的使用している割合が高い価格帯になります。

管理人が選ぶ子供用にオススメなゲーミングPCはコレ!

ガレリアXF

193,298円(税込み)

やっぱり1位に選んだ「ガレリアXF」が一番オススメです!

グラフィックボードはもちろん良い物が付いているんですが、CPUも高性能な物が使われているので本当に多様な使い方が可能。

Youtubeでゲーム動画の配信をすることもできますし、動画編集もこなせます。

kmaa
kmaa
お子さんが喜ぶレベルの性能&親が嬉しい長持ち設計を実現できるのが「ガレリアXF」です!

名称ガレリア XF
価格193,298円(税込み)
CPUIntel Core i7-9700
GPUGeForce RTX2070
メモリ16GB
ストレージ
  • HDD 2TB
  • NMVe SSD 512GB
ワンポイントアドバイス
  • DVDドライブが付いていないため、必要なら見積もり画面で追加する
  • 補償関連は可能な限り付ける方が良い
  • マウスやキーボードは別途Amazonなどで好みの物を選ぶ方が良い
  • パーツは変更しなくても大丈夫

>>ドスパラで見る

 

ゲーミングPC以外に必要な物

 

いざゲーミングPCを買った!としても、実はパソコン本体以外に必要な物がいろいろとあります。

  • マウス
  • マウスパッド
  • キーボード
  • モニター
  • ネット回線
  • ヘッドホン

上記全てを買い揃えなければいけないというわけではなく、マウスやキーボードならPC購入時に付属されている場合があります。

でも、こだわりを持ち始めると全て別々に揃えることになります。

kmaa
kmaa
僕はマウスとマウスパッドにこだわりすぎて、かれこれ5万円ぐらいは使っています。

参考程度に今僕が使っている物を簡単に紹介します。

  • マウス=約9000円
  • キーボード=約15000円
  • マウスパッド=約2000円

人気の高い商品からマイナーな商品までいろいろと触ったり、実際に使ったりしてきたので

デバイス関係もかなり詳しい自信があります!

こういった”デバイス”関連は個人の好みや、手に合うかなど細かい部分が大切になるので別の記事で詳しく解説します。

ゲーミングPCを注文したあと、お子さんがマウスやキーボードのことを気にしているなら是非参考にしてみてください!

 

 

子供にゲーミングPCを使わせるときに気をつけるべきこと

 

ゲーミングPCだからといって、ほんとにゲームだけをするパソコンというわけじゃありません。

普通にインターネットに繋がって、普通にネットサーフィンを行うことができます。

 

そこで、特にお子さんがネットサーフィンをする上で気をつけなければいけないことが

ウイルス対策”です。

kmaa
kmaa
日本のウェブサイトではあまり悪質なウイルスは無いですが、画面に勝手に料金の請求をしてくる表示が出てきて、何回消してもずっと出てくると言った架空請求系は存在しています。

実際、僕が経験したのは古いゲームに関する情報を集めているときに勝手に別の画面に飛ばされて

それ以降画面の右下にずっと「サービスの利用を確認しました。12時間以内に以下の口座へ利用料として98000円をお振込みください」と表示されたことがあります。

この手の話題は昔からあるので、今更感があって簡単に対処できます。

問題になるのが海外サイトにアクセスした際に送り込まれる凶悪なウイルスです。

酷い物だと、パソコンに保存されているパスワードやIDなどの情報を全て奪い取り、クレジットカードの不正利用やネットバンキングから不正送金をされてしまうようなものがあります。

お子さんだけの利用だとクレジットカードなどの心配は少ないでしょうが、ゲームソフトの購入はダウンロードがメインになるので、1度でもカードを使った形跡があると辿られてしまいます。

 

他にも危険なウイルスが存在していますが、それについては別の記事で紹介します。

とにかく大切なことはウイルス対策用の「セキュリティソフト」をPCに入れることです。

 

kmaa
kmaa
ウイルス対策ソフトは有名なウイルスバスターのクラウド版がオススメです。

クラウド上で処理を行うので、自分のPCにかかる負荷がかなり少なくなります。